上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
米づくり | 2006/07/02(日) 21:10
06-07-02_14-46.jpg

1株2本か3本で植えた苗も、今ではこんな立派になりました。日照不足のため生育は遅れておりますが、深刻な影響は出ていません。田んぼの色も、深緑から黄緑色へと変化してきました。来週ぐらいからは、過酷な穂肥えまきが始まるかな?
06-07-02_14-50.jpg

これってなんだと思いますか?



正解は「暗渠(あんきょ)」というものです。

私の作っている田んぼでは8割ぐらいの田んぼに、施してあります。
田んぼの中の地中に排水用の土管が埋めてあり、
約30メートルから50メートルの間隔で田んぼの端から端まで埋めてあります。
写真のT字のパイプを上に持ち上げると、排水溝側に水がたくさん出てきます。

説明わかりにくくてスミマセン。

この暗渠があることにより、田んぼの排水性が格段によくなります。
水をためておく田んぼなのに、なんで排水性が必要かというと ・・・
おいしいお米を作るには、水の管理がとても大事になります。
基本的には、田んぼには水をためておきますが、生育中に水を必要としない時期もあります。
そのときに、きっちり水が切れることが大切なんです。

蛇口をひねれば水が出るパイプラインと田んぼに下から水を抜く暗渠をうまく使えば、
人間の力でしっかり水を管理する事ができます。
太陽や気温は、人間の力ではどうにもなりませんが、水だけはしっかりとコントロールしてあげます。

あと、稲刈り後の、田んぼの耕起のときなどに早く土を乾かし、
作業をするときにも暗渠のチカラを発揮します
コメント (1) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://earthfarm.blog62.fc2.com/tb.php/165-56049d96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント

てっきりプロパンガスを用いた雀威し(という名称なのかどうか)だと思いました。
うちの近所では夏になるとパーンだったかドーンだったかの音が響きます。
まあそんなに大きな音ではありませんが、あぜ道付近にいるとそれなりの音に聞こえます。
2006/07/03(月) 19:31 35式 URL [編集]







非公開コメント
プロフィール
 

aloha

Author:aloha
私たちの、お米の生産履歴とライフスタイルを公開していきまーす。また稲の成長過程や農業の素晴らしさも発信していきます。「くらしの里HACCPチーム」代表です。なんとサラリーマンより一転、これからは「農業だ!」と思い、どっぷりとハマってしまいました。米作りサイコー!!

カレンダー
 
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
 
FC2ブログランキング
 
ブログランキング参加しております。今日も一押し、私たちの励みになります。
FC2
 
ブログ内検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。